rompercicci::diary

東京中野にあるコーヒーお酒ジャズのお店ロンパーチッチ

今週の新入荷レコードとハイボール検討中

本日もご来店ありがとうございました。ここ最近でいちばんの行楽日和となった土曜日、窓の外にはお出かけする家族連れの姿がチラホラと。それを横目で見やりつつ、もうずっと無人島の店内でクローブのハンドピックをひたすら続ける店員ワタクシ。高級輸入食材店ならいざ知らず、大久保界隈の完全現地仕様のお店で買ったスパイス類はこのひと手間がモノを言います…が、何も週末のお昼どきにこんな作業しなくてもいいのに。でも何かしてないといてもたってもいられない気分。ああ、誰でもいいから誰か来ないか。いや、「誰でもいい」なんて卑屈なこと考えてると本当にアチャー、っていうお客さんを呼び寄せてしまう場合があるから、ここは気持ちをしっかり持たないと。誰でもいいわけじゃないけどアチャーじゃない人、誰か来てください!
…なんていう願いを唱えながらすごした1日、終わってみればなんとかなっていました。どこでどう辻褄が合ったのか自分でもよく分かりませんが、すべて本日いらしてくださったお客さまのおかげです。いつもありがとうございます。
ご来店くださったみなさまに特別いいことがありますように。

今週の新入荷レコード失礼します。大阪遠征での収穫多め。
連休頂いた関係で営業日が少ないので枚数も減らそうかと思いましたが、ちょいちょい追加しているうちにいつもと変わらなくなりました。

左上:大阪での釣果その1。妻案件。彼女が偏愛するオランダ人ピアニスト、レオ・キュイパースのソロ作品。どうやら彼のデビュー盤の模様。えーと、相当聴きづらいです。こういう店使いが難しいアルバムは自分は意識して遠ざけているのですが、妻の買いものにあんまりケチつけて険悪になるのもイヤだったのでそのままスルーしました。いつの日か超プレミア価格が付いてくれることを願ってやみません。
中上:大阪での釣果その2。妻案件。彼女が偏愛するフランスOWLレーベルの1枚。若干生意気な価格だったのですが旅先ということもあり、妻の買いものにあんまりケチつけて険悪になるのもイヤだったのでそのままスルーしました。ペトさま縦横無尽で文句のつけようがない内容。まあ、お値段だけのことはあるよね…。
右上:これは少し前に買った妻案件。国内盤でジャケットボロボロ、いくら安くてもこれはちょっと…と思ったのですが、これでジャケがキレイなオリジナル盤だと軽く10倍はするのでひとまずこれでお茶を濁すことに。ところが聴いてみたらいいんだなこれが。少し青さの入ったお耽美とでも言うのでしょうか。オリジナルのドイツ盤じゃなくてジャケとタイトルちがいの米プレスティッジ盤ならちょっとはお安く見かけた記憶があるのですが。
左下:大阪での釣果その3。これは新入荷というよりは国内盤からの買い直し。由緒正しいECM盤にデイブ・ホランドのサイン(という確証はないけど、まさかデイブ・ホランドの偽サインを書くような酔狂な人がいるとも思えない)まで付いたものが店頭価格4割引でくすぶっていたので身請けしました。ジャズミュージシャンのサインは基本「書き込みによるジャケ汚れ」扱いなのでお安く売ってます(買取もお安くなります)。内容は、えーと、『ヌー・ハイ』の10分の1くらいよいです。まあ『ヌー・ハイ』がよすぎです。
中下:大阪での釣果その4。3割引の3桁価格でくすぶっていましたよ。大阪の人はCTIがお嫌いなのでしょうか。フレディ・ハバードの大名曲「Gibraltar」のどぎつくあざといバージョン収録。

右下:少し前に買ったナゾのビッグバンドもの。ゲスト参加のフィル・ウッズに賭けて手にとってみたらなかなかの当たり物件。

ところでこのレコード、センターラベルのデザインが微妙でA面なのかB面なのか分かりにくいです。

それから今日はもう少し失礼して、今度はハイボールの話を書かせてください。
世の中で定番化しつつある「銀座マナーのキンキンに冷えた氷なし濃い目のハイボール」というやつを、季節はもう秋ですがやってみようかな、と思っているのです。この夏に厨房機器をいろいろと交換した結果、冷凍スペースに若干の余裕ができて、ウィスキーの1本くらいは冷やせるようになったので。
とりあえず当店のスタメン選手、安心と信頼のブレンデッド、フェイマスグラウスをキンキンに冷やして試してみました。ウィスキーをガツンと100cc。それに1:3となるような炭酸水を注いで、レモンをちょいと搾って、どーん。

えーと、濃いです。眉間の奥がズキズキするくらい濃い。これ、たとえばそれなりのお値段でメニューに載せたい気もするんですが、召し上がったお客さまが店内でバタバタ倒れるんじゃないかとそっちが心配になります。それに、これだとお代わりなんて絶対に望めない気がする。逆にお代わりされたらお客さまの身体の心配をしてしまいそうな気がする。やっぱり100ccとかありえないかな…。もう少し検討します。

と、こんなところで今日は失礼します。
明日からお天気下り坂みたいですが…ご近所のみなさま、どうかよろしくお願いします。ご来店を心よりお待ちしております。